本文へスキップ

ギャラリー

私は長い間忠岡町で材木商を営み、 歳も取り高齢者と言われるようになって、自宅を中心として生活するようになりました。
「晴耕雨読」の生活になり、畑を耕す毎日となって、それまでの実業者の目線で見ていた世の中と市井の一個人として見る世間は違うことに気づきました。

河内長野市役所

河内長野市は、1954年(昭和29年)に長野町をはじめとする6町村が合併しており、市の中心部に対しては旧町名を用いて長野と呼称される。南部の山麓地域では奥河内という観光名称が使われ、滝畑四十八滝や岩湧山などの大自然、観心寺や金剛寺、高野街道などの歴史的価値のある史跡や建造物が残る。楠木氏ゆかりの地としても知られており、国宝・重要文化財数に関しては全国の市町村のうち日光市に次いで12番目に多い自治体であることから「文化財のまち 河内長野」と称される。
大阪都心まで約30分、関西国際空港へは約1時間という交通至便の地にありながら、市を囲む山並みは壮観で、市内に居ながらにして大自然を満喫できることなどから、市制施行以降、市内各地にニュータウン(新興住宅地)が造成され、衛星都市として発展してきた。

 

魔の交差点 外環状線・市町交差点について
無登記の土地 千代田神社の不思議
小学校隣接土地 有効利用についての提案
   
   

 

 

 
   
   
   
   

 


Office